2010年08月05日

東サラで1歳馬の測尺発表&シト_2006は何故、測尺発表の前に出資申し込みするのか?

皆様
こんばんは
シト_2006です。

東サラで昨日、今年の1歳募集馬の測尺・育成先_発表が有りましたね。
特に育成先はファンタストが多かったので、揺れている方も多いと
思います。
シト_2006はここまで1歳馬募集についてふれてこなかったのですが、
とりあえず1頭、今週の月曜に投函してました。

今年の出資予定枠は2頭。
東サラのラインナップを見た時に
【何故?、この血統がこの厩舎・・・】
【この血統面白いけど、馬体微妙】
【カタログとDVDで随分違うな】
っとか思って、一番惹かれた馬は即満口無さそうだし、先行期間での申し込
み止めようかと思っていたのですが、やはり馬体+血統が好みの馬を1頭
申し込んじゃいました(苦笑)

では、よく一口される方から『何故、測尺発表の前にいつも投函するの?』
って聞かれる点について記載しようと思います。
【理由】
あくまでシト_2006の場合ですが【測尺は重要でない】と思っているからで
す。測尺というのは自分がカタログ+DVDから受けた印象(相馬)が数字とし
て表された時に【どう違うか?】という確認の為のものであって、測尺で
出資がぶれる事が無いと思っています。


皆様、そうだと思いますが、カタログやDVDでの人と立っている姿を見て、
大体これ位かな?っと想像されますよね。その想像と測尺が大きくぶれる事
って今まで1回も無いので、だったら測尺見なくても良いやって思ってるだ
けなんです(^^;

それに基本、物を買う時に悩まないんですよね。
物を買う時って、自分の中で【こういうのが欲しい】というのが必ず有ると
思います。
その場合、
・スペック
・この製品は問題が無いか?(障害が無いか?)
・価格が安い店はどこか
・こういった製品、どこか置いてないかな?

というのは探したりはします。
でも一口馬主の場合、クラブからカタログと価格は提供されます。
・クラブ=店
・カタログ=馬のスペック(血統や馬体や産駒成績)

ですので、後はどれが欲しいか見るだけ(それまでに蓄積されているデータ
有りますし)
この中で自分の理想に近いものを選択するだけですので、殆ど悩みません。
もちろん予算が限られてますので、3頭で甲乙付けがたいとかいうのは
有ります。それでも1日、2日も有れば結論出すのに十分なのと、
基本『悩む前に行動する』がモットーなので、決めたらすぐに投函して
しまいますw

人によっては『悩む』ではなく、この『選ぶプロセスが楽しい』っとか、
『出資する以上は全ての情報を揃えて、悔いの無い出資をする』
っとかご意見が有るのは、ごもっともだと思います。
この辺は人によって価値観が様々ですので、そういった方はそれで良いと
思いますが、シト_2006は早期投函する事のメリットも考慮しているんで、
あえて早期投函するように心がけてるのも有ります。
このメリットが何かというのは社外秘ですw
※このメリットについては、勝手にシト_2006が思っている部分が有るかも
 知れませんので(^^;

さて、『何故?早期投函するのか』については終了です。
皆様も悔いの無い出資申し込みが出来ると良いですね。
そして、良い馬をゲット出来ると良いですねぴかぴか(新しい)

出資申し込み馬に関しましては出資確定しましたら、皆様にご報告させて
頂きます(^0^)

この記事の最後に、『何故、シト_2006はいつも出資申し込みした馬を
出資確定前に書かない
』のかというと、別に秘密だからとかではないんで
す(苦笑)
【理由】
出資した場合に、抽選漏れしたとしますよね。
出資確定した人と出資漏れした人がいるとして、その馬が大活躍したとしま
す。
この時に出資漏れした人が、出資出来た人に対して『やっぱり自分の見る目
は正しかった』とか『出資出来て良いな〜』とか言われる方がいます。
出資してる人は、それを聞いてどういった気持ちになるか?という部分が
有るので、シト_2006は『万一、出資から外れた場合はどの馬に出資したか
記載しないようにしようと思ってます』

『抽選漏れしました、ハハハ』で済めば、それで良いかな?っと思うので。

あっもちろん、気まずくならない人間関係が出来てれば問題無いと思って
ますし、これは人それぞれの考え方ですので。

以上、シト_2006でした。
posted by シト_2006 at 04:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 出資馬検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/158499076

この記事へのトラックバック