2013年07月22日

引退です(><)

皆様
こんばんは(^^)
シト_2006です。

レッドデュードの引退が決まりました。
以下、クラブ記事です。

13.07.22
(引退)
本馬は7月20日(土)のレース中に左前繋靭帯不全断裂を発症し、競走能力喪失
(事故見舞金3号)の診断が下ったため、残念ではございますが、引退が決まりました。

出資会員様には改めて書面にてご報告させていただきます。
長い間、レッドデュード号にご声援いただき、ありがとうございました。

13.07.22
7月20日(土)レース後コメント
熊沢騎手
「スムーズにいい所につけられましたし、一瞬オッと思わせるようなところもありましたね。
道中は左にモタれるようなところはありましたが、矯正の利く範囲でした。
積極的に行った分、最後は止まってしまいましたが、よく頑張っています。
ただ、脚元の様子がおかしかったので入線後に下馬しました。
大したことがなければいいのですが…」
角居調教師
「入線後にジョッキーが下馬し、診療所で診てもらったところ、左前繋靭帯不全断裂との
診断が下りました
。もともと右前の球節に不安のあった馬ですが、それを庇うような形で
左前にも負担が掛かってしまったようです。馬もこれまでギリギリのところで
よく頑張ってくれていたのですが、追い切りでも良い動きを見せていたように、
状態が良かっただけに頑張りすぎてしまったのかもしれません。
レース内容にも進展が見られただけに、このような形になってしまい申し訳ありません」
※今後の処遇につきましては、見舞金等の詳細が確定次第お伝えいたします。

シト_2006も2戦目のパドック見た時は『大分、良化したな〜』って思いましたし
それだけにレースを見た時は結果に残念でした。
しかし結果の原因が脚の故障と言うことであれば、納得です。
本馬は繋ぎの角度が気になりながらも、馬体の良さに惹かれて出資しました。
今まで、いくら馬体が良くても駄目なところが有れば、出資を控えてきたのですが
大好きなタキオンのラストクロップという事もあり、出資に踏み切りましたが
結果が出なくて残念ですし、自分の出資した愛馬がこういった結果になり
非常に悲しいです。。
でも良い勉強になりましたし、今後の一口馬主の出資に必ず活かしたいと思います!

以上、シト_2006でした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック