2014年05月17日

ここまでは順調+全兄であるイグアスとの比較

皆様
こんばんは(^^)
体調が回復傾向にあるシト_2006です(*⌒∇⌒*)

レレオーネ(ポトリザリス12)近況記事です。

5/15  NF空港
馬体重:424→424→442→464→447kg→454kg→467kg→471kgひらめき

現在は1000m屋内周回ダートコースでキャンターを2周半の調整を中心に、
週2回900m屋内坂路コースをハロン15〜17秒のキャンターで2本登坂しています。
ハロン15秒の時計を出し始めた当初は余裕がない感じでしたが、最近では心身ともに
だいぶ対応できるようになってきたようで坂路コースをいい手応えで楽に上がれるように
なってきています。血統的にもこれから更に良さが増してくるはずですし、しっかりと
良化させていければと考えています。

以上のようになっています。

では、シト_2006コメントです。

まずPOGの媒体でレレオーネがどれ位、取り上げられているかな〜っとドキドキしていたのですが
やはり、あまり取り上げられてませんでした(^^;
まあ、1歳の募集時の馬体を見たら期待は出来ませんよね〜。
ただ、本馬はここまで順調に調教を消化出来てますし、馬体重も順調に増加してます♪
この夏をキチンと乗り切れる事が出来るかが大きなカギとなりますが、もし夏を無事
乗り切って、馬体重が480kg台位まで増えて、競馬を460kg台で使えるなら
少しは期待出来るかな。
もちろん古馬になった時には競馬を480kg台で使えると良いなっと思います。

ちなみにイグアスの体重増加と、この時期のクラブ記事を振り返ると
イグアスの馬体重遷移(1歳〜2歳デビューまで)は
450.0kg(1歳の10月末)→450kg(2歳1月)→452kg(2月)→464kg(3月)
→467kg(4月)→474kg(5月)→470kg(6月)→478kg(7月)
→473kg(8月)→9月にグリーンウッドに移動(輸送で体萎む)
→11月デビュー(444kg)

>イグアスの10/5/14のクラブ記事
NF早来
馬体重:474kg
屋内周回コース1800mをハロン20秒程度で乗り込み、週2回は
屋内坂路コースのみ2本(1本目は軽めのキャンター、2本目はハロン18秒程度)の
調教を行っています。キャンターへ行くと前向き過ぎる面を見せますが、
ピンポン玉が弾むような軽やかな動きを披露しています。
少しずついろいろなことに慣れてきて、気性面は徐々に落ち着いてきています。

イグアスも5月は470kg台に載せてるんですよね〜。
もちろん馬体重だけではなく、中身が大事なのですが、調教内容は明らかに
レレオーネの方が良いと思います(*⌒∇⌒*)
この状態のイグアスが2歳秋(11月)にデビューしているのですから、本馬が
夏を乗り切れれば、秋デビューは見えると思います!!!

ここからが正念場なので、無事に夏を乗り切って欲しいシト_2006でした。
posted by シト_2006 at 22:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レレオーネ(ポトリザリス12、2/400口)引退 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/397263469

この記事へのトラックバック