2006年12月13日

フォルタレーザ 安らかに眠ってください

皆様
こんにちは
シト_2006です。

普段は愛馬以外のクラブの馬についてあまり書かないのですが、今回は
残念ながら競争中に故障を発生し安楽死処分となってしまった
競走馬について記載したいと思います。

【クラブより抜粋】
時は2006年12月10日(日)
フォルタレーザ号は最終レースに出走。ゲートを出た彼は二、三完歩目に
外の馬にドンと当たりに行く形になってしまった。
その後競争中止。。。。安楽死処分。。。。

私はまだアルシラート号しか所持しておらず、このような結果を受けた事は
無いが、今回の件は衝撃だった。(その為、中々ブログに書けずにいました)
もちろん一口を始めた以上、このような結末も想像はしており覚悟もしている
つもりではあったが、いざ現実となると中々耐え難いものだと思います。
出資者の皆様のショックは計り知れない事と思います。
その上フォルタレーザはOP級と思われており、シト_2006もそのように感じ
ました。少なくとも府中のダート戦ならかなり良いところまで行けたでしょう。
現在頑張っているオフィサーやメテオグローリーと同じようにサウスニアを
引っ張っていってくれる逸材だと思っていたのでシト_2006的にも残念で
ならないです。。
安らかに眠って欲しいと思いますし、また出資者の方にはフォルタレーザの
ような良い馬とまためぐり合えるように祈っております。

以上、シト_2006でした。
posted by シト_2006 at 16:28| 東京 ☀| 広尾サラブレット倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする