2010年06月18日

こちらも今度こそ!

皆様
こんばんは
シト_2006です。

レッドヴァンクール近況記事です。

10.06.18 
(山元トレセン)
担当スタッフ「メニューは変わりませんが、周回2000mを16−1
5で乗った後に坂路で強めに乗ったりして、バリエーションを増やして
います。稽古の後も全く気になる点はないし、本当に順調そのものです
ね。フットワークは素軽くてリズムもいいし、息遣いに重さもありませ
ん。馬体重は538キロですが、体は引き締まっています。新潟を目標
に、来週か再来週の移動になると思います」

以上のようになっています。
先週、かなり好調の記事が有りましたし順調にきてますね♪
馬体重がまだ重めなのが気になりますが輸送で減るでしょうし
今度こその期待です。

今夏、一番期待している愛馬なので今度こそ順調に頑張って欲しいで
す!

以上、シト_2006でした。

2010年06月11日

今夏の飛躍を大きく期待してます(^0^)

皆様
こんばんは
シト_2006です。

レッドヴァンクール近況記事です。

10.06.11 
(山元トレセン)
担当スタッフ「馬体重は変わらないけど、動きは凄く良くなっていま
す。火曜日には坂路でハロン13秒くらいで乗りましたが、余裕たっぷ
り。見た目よりも時計が出てる感じで、普通の馬だと16−15くらい
の感触なのに、時計を確認して乗り手も驚いているくらい。完歩が違う
し、本来の動き以上のものを感じさせてくれます。
今日は13秒を少し
切るくらいでしたが、ケロッとしてますしね。成長も感じるし、良い
曲線で来ていると思います」

以上のようになっています。
うん、挫跖で頓挫した本馬ですが、やっと本調子に戻りつつ有るよう
ですね♪。乗り手が驚くような走りとは今夏の飛躍を大きく期待したい
です!。

夏の間に500万及び1000万下を卒業して欲しいと願うシト_2006でした。

2010年06月05日

もう少しですね(^0^)

皆様
こんばんは
シト_2006です。

レッドヴァンクール近況記事です。

10.06.04 
(山元トレセン)
担当スタッフ「馬体重は533キロ。乗り込みが進んで締まってきまし
たね。基本は周回2200mを16秒ペースで乗ってから、坂路で15
−14。今日は坂路の2本目に14−14で乗っていますが、来週から
は13−13で乗る予定です。馬の状態は間違いなく好調。心配な点も
特にありませんが、もう少し速い時計で乗り込んでからの方が良さそう
ということで調教師とも話をして、福島予定から新潟目標に切り替えて
乗り込んでいくことになりました。
いずれにしても、あと2〜3週くら
いで移動となると思います」

以上のようになっています。
福島開催から新潟開催目標になったのは少し残念ですね。
もちろん無理して故障してはどうしようもないので、ここまで休んだ
のですから、次回は万全の状態で出走してもらいたいです。

以上、シト_2006でした。

2010年05月26日

福島開催で大暴れして欲しい!

皆様
こんばんは
シト_2006です。

レッドヴァンクール近況記事です。

10.05.26 
近々、美浦トレセンに入厩予定。

10.05.24 
(山元トレセン)
担当スタッフ「現在は坂路主体の調整で1本目16秒、2本目には
15秒のペースで乗っています。牧場到着時に530キロほどありまし
たが、この調子で体を引き締めていきたいですね。当初は稽古後の息の
戻りがもうひとつでしたが、今は楽に駆け上っていきます。爪が伸びて
いたので削蹄もしましたが、フットワークを見ても具合は良さそうで
す。調教師の期待も大きい馬で、『使えれば福島あたりで。連勝して
重賞に向かえれば最高だね』と話していましたよ
。なかなか順調にいか
ない馬ですが、パンとしたらもっと走っておかしくない馬。トレセンで
ヘバらないようにシッカリ鍛え込んでいきますよ」

以上のようになっています。
前回、半年振りに帰厩したヴァンクールでしたが挫跖で放牧に出て
いました。そして今回は順調に回復し短期放牧ですむようです。
調教師も期待して頂いているようですが、出資者はもっと期待してます
w。間違いなく短距離ならOPに行けると思うので、降級も有りますし
福島開催で500万、1000万と連勝とかしてくれたら嬉しいな〜。

今年シト_2006厩舎は現在まで2勝。今年の目標まで、あと5勝なので
本馬にかかる期待は大きいです!

以上、シト_2006でした。

2010年04月27日

やはりこうなりますよね(><)

皆様
こんばんは
シト_2006です。

レッドヴァンクール近況記事です。

10.04.23 
(鹿戸厩舎→ミホ分場)
本日、ミホ分場に放牧。
鹿戸調教師「やはりまだ爪に熱を持っていて、しばらく動かせる状態で
はありません。熱が下がるまでは、舎飼で休ませることにします」

以上のようになっています。
まあこうなりますよね。
先週の記事では少し期待してしまったのですが、まあ仕方なしです。
もうすぐ降級の時期ですし500万下から頑張って、2連勝位してもらい
ましょうかねってそんなに甘くないか(^^;

何はともあれ、シト_2006厩舎の古馬の中では、本馬が1番OPに近い存在
だと思っているので1日も早く元気に戻ってきて欲しいです!

以上、シト_2006でした。

2010年04月22日

奇跡の復活、有ったりしないかな?

皆様
こんばんは
シト_2006です。

レッドヴァンクール近況記事です。

(鹿戸厩舎)
曳き運動30分。
鹿戸調教師「昨日、装蹄師さんに見てもらい、『まだ気にするのなら
蹄鉄を外して見たほうが良い』と言われたので外して様子を見たとこ
ろ、少し落ち着いてきたので今日は軽く運動をしました
。もう少し様子
を見た上で、良くなってくればこのままレースに向かって乗り込んで
行き、良くなりきらない場合は放牧に出して完全に良くなってから
戻したいと思います」

以上のように、ヴァンクールはもしかしたらですが、このまま厩舎に
残る可能性が出てきました。
まあ先週の記事見ると、ほぼ放牧という線は変わらないと思いますので
あまり期待せずに来週の更新を待ちたいと思います。

以上、シト_2006でした。

2010年04月17日

挫跖ですか・・・

皆様
こんばんは
シト_2006です。

レッドヴァンクール近況記事です。

10.04.16 
(鹿戸厩舎)
鹿戸調教師「獣医の診断では挫石の可能性が高いようです。しばらく
厩舎に置いて様子を見ます」

.10.04.15 
(鹿戸厩舎)
舎飼。
鹿戸師「昨日の調教後に厩舎に帰って来たところ、左前脚を地面につけ
ない状態だったので、球節と爪のレントゲンを撮りましたが、レントゲ
ンの結果は異常ありませんでした。今日になって球節の熱は下がりまし
たが、爪の部分には熱があるので、もう一度よく調べてもらう予定で
す。今の感じでは挫石か筋肉痛の感じなので、しばらく様子を見たいと
思います」

以上のようになっています。
折角、帰厩したばかりのヴァンクールですが、これでまた放牧に
なるのかな・・・
競走馬が無事に走る事が、どれほど偉大かを知っている筈なのですが
やはり難しさを思い知らされると少し凹みますね。
とりあえず軽症である事を祈りつつ、来週の更新を待ちたいと思いま
す。

以上、シト_2006でした。

2010年04月14日

帰厩してます(^0^)

皆様
こんばんは
シト_2006です。

レッドヴァンクール近況記事です。

10.04.14 
(鹿戸厩舎)
乗り運動後、南Dコースをダクで半周。その後、坂路1本で追い切る。

美浦坂路 55.2−40.3−25.9−13.0 馬なり

担当助手「9日に入厩してからまだ日も浅いので、今日は坂路を
2頭併せで軽くやりました。まだ体も太いし、以前のようにハミを
取って行きたがる程の迫力は見せていませんが、この程度の時計なら
楽に動きますよ。この後も様子を見ながらジックリ進めて行きたいと
思います。トモが悪くて休んでいた馬だけに、急激にやると負担も
かかるので、焦らずやっていきます」

鹿戸師「入厩してからここまで乗って来ましたが、まだ稽古が終わった
後に少し浮腫みが出たりするので、この後もケアしながらジックリ進め
て行きます。状態が良くなった時に使いたいと思います。明日からは
プールも兼用で息を作っていきます」

以上のようになっています。

半年近く牧場に居ましたが、まだ調教後にむくみが出たりして
弱いところが有りますね(^^;。まあ大した事無い症状であれば
良いのですが、とりあえず5月の復帰に向けて、まずは順調にですね。
5月にはジールやアルシラート、上手くいけばヴァルガリスやルーヴェ
の出走が見えてますので楽しみです♪(まあルーヴェは6月でしょうけ
ど)。
やっとシト_2006厩舎も駒が揃ってきました!
去年は苦労しましたので、今年はブレイクといきたいですね。

以上、シト_2006でした。

2010年04月07日

思ったよりも早い帰厩です♪

皆様
こんばんは
シト_2006です。

レッドヴァンクール近況です。

10.04.07 
9日(金)、美浦トレセンに帰厩予定。

との事。
たった1文ですが、この1文を待ってました!!
能力はかなり有ると思うのですが、スタートで躓いたりして
順調に使えないでいる本馬ですが、やっと帰厩です♪
5月1日(土)の復帰予定となっている東京TCのHP記事も
あながち嘘ではなくホッとしました。

恐らく馬体重は520kg位での復帰になると予想します。
まずは順調に、そして夏が楽しみになるようなレースを
期待したいです!

5月には駒が揃いそうですし、6月には2歳馬も楽しみな
シト_2006でした。

2010年04月03日

もう少しで帰厩出来そう♪

皆様
こんばんは
シト_2006です。

レッドヴァンクール近況記事です。

10.04.02 
(ミホ分場)
マシン運動60分、ダク1200m、キャンター3000m。
担当スタッフ「一時期、トモが浮腫んだり、前肢が硬くなったりも
しましたが、今は入厩に向けて順調に乗り込んでいます。このまま
順調なら、4月中旬過ぎにも移動となるのではないでしょうか

以上のようになっています。
『順調なら』という注釈付きでは有りますが、4月中旬位に帰厩出来る
可能性が出てきました。
休養前(去年の10月末)の馬体重は500kg台で今年の1月末の記事では
556kgまで成長?した本馬(イヤ、ただのデブですねw)
それが帰厩してどれ位の馬体重で復帰レースとなるのか注目です!
520kg位なら良いんですけどね。

東京TCのHPでは5月1日の府中が復帰予定となっていましたが、4月中旬
過ぎの帰厩では、それは望めないですね。
でも5月中旬位なら可能性有りますので、何にせよ5月中にはレースに
復帰出来そうです♪。OPまでは行ける素材と思ってますし、今年は飛躍
の年として頂きたいです!

以上、シト_2006でした。

2010年03月13日

復帰が待ち遠しいです

皆様
こんばんは
シト_2006です。

久しぶりにレッドヴァンクール近況記事です。

10.03.12 
(ミホ分場)
マシン60分、ダク1200m、キャンター3000m。
担当スタッフ「週初め、右前に硬さが出たので、いくらかペースダウ
ンしていますが、ここ2〜3日の歩様は良くなってきています

一応、東京開催に向けて乗り込んでいますが、大きな馬だけに、
あくまで馬の状態次第
。今後もジックリやっていきます」

以上のようになっています。
最近は毎週同じような記事ばかりでしたので、やっと目標が出てきて
少し安堵している反面、ペースを上げて脚元に少し不安が出たのは
気になります。
先日、東京TCの出走情報に5月1日(土)東京8R レッドヴァンクールと
記載が有りました。まだ牧場にいますし、恐らく上記は厳しいかと
思いますが、5月末位なら復帰が有るかもです♪

5月にはルーヴェやアルシラートも復帰するかもですし、段々テンショ
ンが上がってきました↑
去年、勝てなかった分を今年こそはと思っているシト_2006でした。

2010年01月29日

少しずつ良化中(^○^)

皆様
こんばんは
シト_2006です。

レッドヴァンクール近況記事です。

10.01.29 
(ミホ分場)
マシン運動60分、ダク1200m、キャンター3000m。
担当スタッフ「やっと覇気が出てきましたね。トモの踏み込みなども
着実に良化しています。一緒に走っていた馬がオープンクラスで活躍し
ているし、この馬も素質的には上でもやれるはずですよ」

以上のようになっています。
ヴァンクールは帰厩すると毎回、『背中にジンマシン』が出てしまう
ように体調面で不安が有ったり、毎回、『トモがゆるい』と言われて
ました。
今までは上記のような状態でも頑張ってくれてました。
素質は良いものを持っていると思うので、今回の放牧で一段と逞しくな
ってもらって元気な姿を競馬場で見せて欲しいと思います(^○^)

以上、シト_2006でした。

2010年01月23日

大きくなったな〜

皆様
こんにちは
シト_2006です。

レッドヴァンクール近況記事です。

10.01.22 
(ミホ分場)
マシン運動60分、ダク1200m、キャンター3000m。
担当スタッフ「556キロもあってまだ緩さもありますが、
体はしっかりしてきました。
これから入厩に向けての調整を
進めていきます」

以上のようになっています。
ヴァンクールの休養前のレース出走馬体重が512kg。
11月からの3ヶ月で40kg以上成長しましたw
まあ体がシッカリしてきたのは良い事ですし、ここから520〜530kg位
まで絞ってレースに出走してくれたら良いな(^○^)。

何とか3月〜4月位に復帰してもらえたらと思うシト_2006でした。

2009年12月22日

こちらはどうなんだか?

皆様
こんばんは
シト_2006です。

ヴァルガリス近況記事です。

路でハロン17〜18秒のキャンター調整を行っています。「先週は
少し疲れを見せていましたが、トモ脚の疲れは癒えてきましたので
今週から坂路での調教を行っています。右前の球節はまだ若干の疲れ
が残るので、しっかりケアしながら乗っていきます」(山元担当者)

とりあえずコメントを信じて良いのなら、トモの疲れは改善してきた
ようです(凄く怪しいですが・・・)。でもまだ右前の球節の問題も
有りますし来月の更新まで、どう転ぶか全く分からないですね。

来月の更新で15-15位まで復帰出来るように慎重に調整して頂きたい
です。

以上、シト_2006でした。

2009年11月04日

軽症のようですε-(´∇`)ホッ

皆様
こんばんは
シト_2006です。

レッドヴァンクール近況記事です。
09.11.04 
(鹿戸厩舎→ミホ分場)
本日、ミホ分場に放牧。
鹿戸調教師「改めて診療所で検査してもらいましたが、右トモ・飛節
ともに問題なし、左トモはひねってしまったのではないかとのことで
した。今日放牧に出しますが、骨などには異常がないので、休ませて
いれば治る症状。早い段階で乗り運動は開始できそうですよ」

以上のようにレッドヴァンクールはミホ分場に移動していて
獣医師の診断の結果、軽症のようですね(^0^)
これなら2ヶ月程度、ミホ分場で休んで乗り込みを開始すれば
来年の3月位には復帰出来ないかな?っと思います。

冬場の寒い間は無理する必要も有りませんし、まずはゆっくり休んで
もらって英気を養って欲しいと思います!

以上、シト_2006でした。

2009年10月31日

暫く休養です・・・

皆様
こんばんは
シト_2006です。

レッドヴァンクール近況記事です。

09.10.30 
(鹿戸厩舎)
鹿戸調教師「今日もまだ腫れは残っています。来週半ばに放牧の予定
ですが、しばらく休ませることになるので、3カ月の見舞金を申請す
るつもりです。軌道に乗ってきたところだけに残念ですが、まだまだ
先のある馬。これが良い休養になるといいですね」

09.10.29 
(鹿戸厩舎)
北150m角馬場でダク10分。
鹿戸調教師「歩様はしっかりしてきたので、今日は角馬場でダクだけ
踏みました。運動後に左の飛節あたりが腫れていましたが、獣医に
診てもらったところ、トモから腫れが下がってきているとのことで
良い兆候のようです。今後もレントゲンでしっかりチェックしながら
ケアしていきたいと思います。腫れが完全に治まるまでは舎飼で様子
を見たいと思います」

以上のように最悪の状態ではありませんが暫く休養となりました。。
まあこれから寒くなりますし怪我も多くなる時期になります。
本馬はまだトモが緩いようなのでシッカリ休んでもらって、
また来年の春頃から復帰して頑張って欲しいと思います!

※しかしこれで明日のジールが勝つか、良い勝負してくれないと
 シト_2006厩舎は本当に今年0勝で終了しそうです(^^;
 まあ準OPで2着、3着や1000万下でも掲示板が有るので、愛馬の
 餌代は稼いでくれているので良いんですけど。
 このままだと来年の目標は3勝位かな?(苦笑)

以上、シト_2006でした。

2009年10月26日

躓きが痛かったです(-"-;)

皆様
こんばんは
シト_2006です。

レッドヴァンクールは2着でした。
遅ればせながらレース前の考えとレースを見た後の感想を
述べたいと思います。

まずレース前ですが内田騎手がその日、そこそこ好調子でした。
そして本レースではダントツ1番人気馬であるケイアイテンジンに騎
乗。そのケイアイですが調教を見ると、絶好に見えるように思え、
これは厳しいなって思いました。
そして本馬はというと、その日北村騎手は連に絡む事も出来ていなく
て0勝。本馬の調教の時計は相変わらず遅いもので、可も無く不可も
無くで、これは厳しいかな?っと思い馬券購入は見送ろうかと思って
いまいた。
そしてパドックを見に良くと、考えが一変しました。
ヴァンクールの馬体は大分良く見えて、これは体調の良さが伺える
状態ですぐさま単勝を購入してレース観戦へ。

さてレースですが大外12番枠なのでゲートで待たされないし
出遅れはしないだろうっとふんでいました。確かに出遅れは
しなかったのですが、あじさいSの時と同じようにスタート直後に
躓きました。。。
あれで大きく遅れをとり、正直その時点で勝ち目は無いなって
思いながらレース観戦。ヴァンクールは徐々に順位を上げますが、
それでも直線に入る時点で、まだ後ろから4,5番手。
それでも愛馬は諦めず頑張って大外を直線伸びてきましたが、
いかんせん内田騎手の騎乗したケイアイテンジンはスローで逃げて、
最内を通り直線に入っても手が動いてなくて余裕タップリの状態。
ヴァンクールが2番手に上がっても全く追いつける様子はなく
スンナリゴールへ。

競馬にタラレバは有りませんが、躓きさえ無ければと思わせる
本当に悔しいレースでした。
でも1400mをこなしてくれたし、あの躓きがありながら2着に
来てくれた事に対しては本当に満足するものが有ります。
それに当日は、お尻を副会長さんやえれんさんに会う事も
出来ましたし残念な思いも有りましたが本当に良い1日だったと
思います(^0^)

今回の反動が無ければヴァンクールの次走は府中競馬場の
11月14日(土)ダート1300m
11月21日(土)ダート1400m
11月28日(土)ダート1300m
上記のどれかになると思います。

1000万下で2,3着を拾ってくれるのも美味しいのですが、やはり
能力を感じる本馬にはより上の舞台で頑張って欲しいので次走で
勝ち上がって欲しいと思うシト_2006でした。

2009年10月22日

順調なのが一番です(口取り当たりました♪)

皆様
こんばんは
シト_2006です。

今週の土曜日出走予定のレッドヴァンクール近況記事です。

09.10.21 

(鹿戸厩舎)
南Dコースでダク半周後、ウッドコースにて3頭併せで追い切る。

 W 69.0−53.5−39.4−13.6 馬なり

鹿戸調教師「テンの入りはゆっくりでしたが、道中の走りはスムーズ
で、直線並んでからも抑えるのに苦労するくらいの手応えでした。
ようやく走る気が出てきた感じですね。1週延ばしたのが吉と出た
感じです。今回は1400m戦になりますが、今は折り合いもつく
ようになっているので十分こなせるはず。休み明け2戦目で結果を
出したいですね」

順調そうで何よりです♪(相変わらず調教時計は遅い(^^;)
さて今回は府中ダート1400mに出走予定です。
今まで府中ダート1300mで未勝利戦とはいえ楽勝しているので
折り合いさえつけば何とかなると思います。
今年のヒヤシンスS(ダート1600m)は、その前走が中山ダート1200mで
ハイラップで逃げ勝ちました。そのせいでヒヤシンスSでは馬が完全に
かかってしまって負けたと思っています。

先週のジールは力を出し切れなかった感が有るので、今回は何とか
なると良いな〜。

※出走確定しました\(^0^)/
 頭数も12頭と落ち着きました♪
 口取り当たりました♪
 当レースでは、うしおくんの愛馬であるペンティスカと
 対決になってしまいましたが、お互いの愛馬が怪我無く
 全力を出し切って良いレースをして欲しいです。

以上、シト_2006でした。

2009年10月15日

1週、スライドですね(^0^)

皆様
おはようございます
シト_2006です。

レッドヴァンクール近況記事です。

09.10.14 
(鹿戸厩舎)
坂路下の輪乗り場でダク10分後、軽めに坂路1本とプール
直線2本。
鹿戸調教師「先週末、坂路で半マイルから52〜53秒くらいのとこ
ろをやりましたが、息の入りがもうひとつでした。なので、今週の
予定はやめて、来週のダート1400mに使うことにしました。
折り合いが付くようになっているので、距離は大丈夫だと思います。
明日はウッドで追い切ります」

うん、良い判断でしょう。
ある程度仕上げてレースに使わないと、レース後に反動が出たり
しますし。それに1400mの距離でもレースが出来るのかを試すには
下位条件で試しておいた方が良いと思います。
でないと能力で通用しないのか?、それとも距離なのか?の切り分け
が出来ないので。

以上、シト_2006でした。

2009年10月07日

次はこそは!

皆様
こんばんは
シト_2006です。

レッドヴァンクール近況記事です。

(鹿戸厩舎)
南Dコースでダク半周後、坂路にて併せ馬で追い切る。

 美浦坂路 15.2−15.0−13.8−00.0 馬なり

鹿戸調教師「時計はエラーでしたが、ラップを計算すると上がりで
40秒、終いも12.7秒くらいだったと思います。まだボーッと
している感じで気合いなんかは物足りないけど、今日やったことで
気合いは乗ってくると思うし、明日にはプールにも入れるので、
来週には良い状態に持っていけると思います。今のところ、いつもの
ストレス症状は出ていないので、何とか良い形に持っていきたい
ですね」

うん、背中に湿疹が出るか出ないかが本馬の体調やストレスを見極め
るパロメータになっているようなので湿疹が出てないようで一安心
ε-(´▽`) ホッ。
ダート1300mは2戦して1勝、2着1回の距離ですし本馬に適していると
思いますので次で勝ち上がってもらいたいですね!

※板違いではありますが、かんちさんに教えてもらったギャロップの
 ヴァルガリスの記事を読みました。
 何と脱北もまだなのに第5回東京での有力デビュー馬として取り上げ
 られておりました♪。まあ順調にいけばというお話しではあります
 が、調教師がそういったコメントを出してくれているのは喜ばしい
 ですし、もしかしたらカドデュソレイユと一緒に脱北してくれるか
 もと期待しています(^0^)

以上、シト_2006でした。